〈真似できないもの〉

a0200050_11314788.jpg





インスタグラムでつながっている方が
ご自分のハンドメイド作品について
悲しい思いをされていると知りました。


作品の作り方を強引に尋ねたり、
ヒドイ言葉を投げかけたり…
「お金を払うから、それを分解してみたい
(=構造を知りたい)」
なんていう
一見、丁寧そうに思えるけれど、
なかなかに失礼なメッセージを
送ってくる方もいるそうです。



***


私も過去にはいろいろありました。
そのたびに腹を立てたり
情けなくて泣き言を
ブログに書いたりしていましたっけ。


真似は花に限ったことではなく、
さかのぼればフランス語講師時代から!
教案をごっそり真似されたこともありました。


つい最近も、
知人がこっそり花育もどきを
始めているのを知ったばかり。
SNSで読みながら、
「おーい、自分が何しているか分かってる?」
とPC画面ごしに声をかけてみました(苦笑)


不思議なことに腹は立たなくて…
(注:許しているのではないですー)
だってね、
どんなに完璧に真似されたとしても
そこには「私の気持ち」が入っていないから。


だから悔しくないです。


形はもちろんコピーできるし、
私より高い技術を使えば
もっともっと素敵なものが作れます。
でも、私がそれを作った時と
同じ熱量の気持ちを込めることが出来ません。


だからこそ、
作り上げるデザインにも、
生み出す作品にも、
思いをたっぷり込めてあげよう。
心まで真似はできないのですから。





***


【 アトリエメニュー 】

サンキャッチャーを作るワークショップ
↑Click!


***


にしの かえこ
カラーdeサンキャッチャー®認定講師
フラワーアレンジメントインストラクター



News
・随時更新いたします

Link




いつも応援ありがとうございます!!

ブログランキングに参加しています。

バナーを1クリックでポイントが入ります


にほんブログ村 ハンドメイドブログ サンキャッチャーへ
にほんブログ村


にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
にほんブログ村


by l_oiseau_bleu | 2018-12-09 23:02 | えとせとら* | Comments(0)