11月 ロワゾ・ブルコース 1回目

a0200050_21414672.jpg


11月1回目のロワゾ・ブルコースは、
フレッシュリースのレッスンでした☆

お2人とも、初めてなのに手際よく(!)、
直径40センチほどのフレッシュリースを
作ってくださいましたよ。
酷い雨で足元の悪い中、来て下さってありがとう。




ところでフレッシュリースと聞いて、
皆さんはどんな風に思いますか?
「11月なのにもうリース?それも生花で?枯れるんじゃない?」
そんなご心配も多いですよね。
でも大丈夫ですよ~
このままのグリーンを保って、クリスマスまでキレイです☆

その秘密(?)は常緑樹を使うから。
名前の通り、緑の美しさはそのまま。。
茶色にはなりませんから、どうぞご安心くださいね。

キリスト教会歴では、クリスマス前の日曜日から数えて
4回前の日曜日から始まるアドヴェント(待降節)という期間があります。
これは、クリスマスに産まれるイエス・キリストの誕生を
待つ期間。。
ということは、11月末からアドヴェントは始まるのです。
その頃からフレッシュリースを飾ったり、
アドヴェントクランツと呼ばれる、4本のキャンドルの付いた
リング状のリースを作ってしまいます。

a0200050_21414880.jpg


今日、使った常緑樹はクジャクヒバとヒムロスギ。
少しづつ違う緑を組み合わせると、
モコモコしてボリューミーなリースになりますよ☆
リボン・コットン・トウガラシ・リンゴなどなど、
お好きな飾りを付けてたら出来上がり。

ヨーロッパの人たちは、暗くて寒い冬の間も、
鮮やかな緑を保つ常緑樹にはパワーが宿っていると
考えています。
日本の冬は、そこまで暗くはならないし、
寒くもならないけれど。。
皆さんもどうぞ気軽に、フレッシュリースを作って
飾ってみてくださいね。

11月16日(水)
11月22日(火)
12月3日(土)
12月7日(金)

上記の日にちでご一緒に作りませんか?
お問い合わせはエキサイトメールまたはコメント欄よりどうぞ♪
[PR]
by l_oiseau_bleu | 2011-11-11 22:36 | レッスン* | Comments(0)

花とサンキャッチャーと日々のこと。すべての人が色とりどりにかがやきますように。


by l_oiseau_bleu
プロフィールを見る
画像一覧