カテゴリ:えとせとら*( 120 )

a0200050_20270402.jpg



昨日、友人からリースのオーダーをもらい
嬉しさ半分、
心の中でもやもやしたのが半分でした。


もやもやした理由は
友人からのメッセージに
「買うこともできるけれど」
と書いてあったこと。
買うことができるのに、
私に頼んでくれたのはなぜだろう?って
考えてしまったのです。


多分…


・既製品ではないオリジナリティ
・良いものを少しでも安く買いたい


この2つが私に頼んでくれた
理由なのではないかしら?





a0200050_22480352.jpg



今、マツドアケミさんの新著を読んでいます。


『高くても売れる!ハンドメイド作家ブランド作りの教科書』


私はハンドメイド作家ではないけれど
これからアーティフィシャルフラワーや
プリザーブドフラワーの作品を
作っていく上で、
活動を始める前に、
そして続けていくために、
こんなにもしっかりと
考えておくことがあるのだなぁと
知りました。


マツドアケミさんのことを
教えてくれたフルールドセゾンさん
ありがとうね。




a0200050_21590954.jpg



まずは自信を持つことですね。


頼んでよかった!と
満足してもらえる作品を作ること。
「友だち価格」に囚われないで
友人と打ち合わせしようと思います。




∞1クリック、とても嬉しいです!!∞

↓↓ランキングに参加しています。

バナーを1クリックでポイントが入ります。
クリックが励みになっています!
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
にほんブログ村



[PR]
by l_oiseau_bleu | 2017-06-17 23:11 | えとせとら* | Comments(0)

a0200050_21592009.jpg



次男の足のサイズが
2ヶ月で1センチも大きくなりました。


本人は満足げににやにやしていますが、
こちらは色々と準備もありますから、
「大きくなったね!」
と言ってやるべきところを
「えーどうするのー?!」
と言ってしまい後悔中です(苦笑)


履けなくなったスニーカーは
2ヶ月しか履いていなかったので
かなりキレイな状態。
お友達に差し上げたり、
どこかへ出品したりすることも考えましたが、
最終的に、
こちらへお願いすることに決めました。


西武・そごう こども靴下取り


JOICEFジョイセフという、
日本生まれのNGO団体が
子供の靴をまとめて、
ザンビア共和国へ届けてくれるのです。
こちらの団体は女性の命と
健康を守るために活動なさっています。





a0200050_21590727.jpg



そごう神戸店では子供靴売り場で
引き取りをしてくれます。
(1回につき3足まで)
子供用品売り場のみで使える
500円のクーポンを
1足につき1枚頂けますよ。


次男が2ヶ月だけ履いたスニーカーたち。。
海を渡ってザンビアの子どもたちに
届くのは半年後くらいだそう。
誰かが気に入って
履いてくれるといいなと思います。




∞1クリック、とても嬉しいです!!∞

↓↓ランキングに参加しています。

バナーを1クリックでポイントが入ります。
クリックが励みになっています!
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
にほんブログ村



[PR]
by l_oiseau_bleu | 2017-06-11 22:42 | えとせとら* | Comments(0)

a0200050_23213577.jpg



図書館で予約していた本が届きました。


そのうちの1冊は広瀬裕子さんの本。
今、とても人気があり
貸し出してもらえるまでしばらく待った
楽しみにしていた本です。


2015年に出版された
『50歳からはじまる、あたらしい暮らし』


この中で広瀬さんは
50歳になったら
「かろやかに」生きていきたいと
書いていらっしゃいます。


自分が50歳になるまで
まだ数年あるのだけれど
私はどうだろう?
その年にどんな風に感じるかな?
やっぱり「おだやかに」かしら?


本は週末にゆっくりと読みますね。
みなさま、どうぞ素敵な週末を!





∞1クリック、とても嬉しいです!!∞

↓↓ランキングに参加しています。

バナーを1クリックでポイントが入ります。
クリックが励みになっています!
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
にほんブログ村













[PR]
by l_oiseau_bleu | 2017-06-09 23:08 | えとせとら* | Comments(0)

a0200050_00035524.jpg



どうして
花の仕事を辞めようと思ったのだろう?
とじっくり考えた週末。
頭の中が少しだけ整理できました!



***



「レッスンをしよう」
と一番はじめに思った時、
私はどんな気持ちだったのだろう?
と記憶をたどって
その時の気持ちを思い出してみました。


「みんなが楽しんでくれればいい」
「楽しそうな笑顔が見られればいい」


シンプルですが、
こんな風に思っていました。
そして、
これは今でも変わりません。


花に触れている時の生徒さんの表情は
子供も大人もとっても可愛くて
出来上がった時に
皆さんが見せて下さる笑顔が好き。


この笑顔に会いたくて、
たくさんの方に来て頂きたくて、
言われるがままに
無理してしまったところがあります。


無理したから、
今、こんな風に
レッスンを辞めようと思っていて
自分がいちばん好きな
生徒さんの笑顔に
会えなくなっているなんて、ね。


***





∞1クリック、とても嬉しいです!!∞

↓↓ランキングに参加しています。

バナーを1クリックでポイントが入ります。
クリックが励みになっています!
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
にほんブログ村




[PR]
by l_oiseau_bleu | 2017-06-04 23:23 | えとせとら* | Comments(0)

a0200050_00220897.jpg



時間のある週末には
PCの中の画像を整理しています。


外で花を写す時、
この組み合わせが多いことに
改めて気が付きました。


花と虫!




a0200050_06101246.jpg





動かない花に虫がとまる時、
花の命が他のところへ
「つながっていく」のを感じます。




a0200050_13270117.jpg


私はどんな気持ちで撮っているんだろう?
と考えてみると…
虫がとまっている。。可愛い!というよりも、
ちょっとした感動を感じて
この瞬間を撮りたい!
と思っていることに気が付きました。


他にも意識せずに
何かを組み合わせて撮っているのかしら?
自分でも面白い気づきだったので
また探してみようと思います。



どうぞよい週末を!






∞1クリック、とても嬉しいです!!∞

↓↓ランキングに参加しています。

バナーを1クリックでポイントが入ります。
クリックが励みになっています!
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
にほんブログ村




[PR]
by l_oiseau_bleu | 2017-06-03 22:08 | えとせとら* | Comments(0)

a0200050_23252428.jpg




みなさんはおうちに
ドライフラワーを飾っておられますか?
リースやアレンジメントなど
形になったものでなくても、
ちょっとした一輪、ひと枝を
壁にかけたり、ビンなどに飾ったり
なさっているかな?と思います。



花を習い始めたのが
ドライフラワーからだったこともあって、
ドライ花材は好きですし、
家の中でもよく飾っているのですが、
今回、昨冬、いちばんのお気に入りだった
こちらのペッパーベリー
かわいそうなことになってしまいました。
虫たちにやられてしまったのです(涙)



a0200050_10025254.jpg



蒸し暑くなると、
外では虫が出てきますよね?
ドライフラワーにも同じように、
虫が付いてしまって
ダメになってしまうことがあります。


虫にやられるとボロボロになるし、
ひどい時は大量に発生することもあるのです。
なぜ?って…
たまごを産んじゃうからです…!
書いてるだけでゾワゾワしますね。。


今回、ペッパーベリーがやられたのは
ドライフラワーを好む虫のうち
シバンムシというものでした。
漢字だと死番虫。
字だけでも怖いですよね(苦笑)
1匹ずつはむちゃくちゃ小さいのですけれど。



でも怖がらないでくださいね。
ドライフラワーなどに付いた虫は
原因(ドライフラワー)そのものを
処分してしまうことで
それ以上に被害が広がることは
ほぼなくなるそうです。


…で、
私も泣く泣くペッパーベリーを
まるごとごっそり捨てました。
気に入っていた色だったので
本当に残念です(>_<)


ちょっと勇気がいるかもしれませんが、
おうちの中のドライフラワーや木の実を
梅雨や暑い夏を迎える前に
点検なさってみてくださいね。


☆皆さんがこれを
お食事時に読まれないことを祈りつつ☆






∞1クリック、とても嬉しいです!!∞

↓↓ランキングに参加しています。

バナーを1クリックでポイントが入ります。
クリックが励みになっています!
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
にほんブログ村



[PR]
by l_oiseau_bleu | 2017-05-31 23:05 | えとせとら* | Comments(0)

a0200050_17261067.jpg





「まだ子どもであることをじゅうぶんに心におきつつ、

同時に、かれらはどんなに子ども扱いにされたくないか、

どんなにおとなに扱ってほしいかを考えて、

やさしく、しかし、思わずまじめに取り組ませるような、

安易でない感じを持たせて出発させたい。


『大村はま国語教室 第10巻』より




:::   



この数日、子供たちと話し合いの時間を
いつもより多くとるようにしています。


少しずつ成長していくにつれ
楽になっていく部分もあるけれど、
反対に、
きちんと話し合わないといけないことも
増えてきているように思います。


そんな中、
ふと目に、心にとまった言葉があるので
こちらにも貼りました。
国語教師 大村はま先生の言葉です。


大人になった時に、
ちゃんと手を離せるように
今はしっかりと握っていてやりたいなぁ…




∞1クリック、とても嬉しいです!!∞

↓↓ランキングに参加しています。

バナーを1クリックでポイントが入ります。
クリックが励みになっています!
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
にほんブログ村











[PR]
by l_oiseau_bleu | 2017-05-30 23:27 | えとせとら* | Comments(0)



a0200050_01412107.jpg




昨日の記事を書いた後、
どうしても書いておきたいことがありました。



それは、
友でありながら、
レッスンを始めた頃からずっと
通い続けてくれた友だちもいたことを。
誰も理解してくれなかったわけでは
ないということを。


画像は彼女のアレンジメントです。


静岡時代の2年間、
彼女は生徒さんとして
レッスンを受けてくれました。
「自分が楽しいから、子供にも!」
と、お子さまはキッズクラスへ
通ってくれました。


どんな気持ちで来てくれていたのだろう?


昨日、ここへ書いたことは
「教える」立場の気持ち。
「習う」側の気持ちはどんな風だったのか
話を聞かせてもらっておけば
よかったなぁと思います。


あなたの存在は
私を大きく支えてくれていたよ。
いまさらだけれど、
ありがとうね。




∞1クリック、とても嬉しいです!!∞

↓↓ランキングに参加しています。

バナーを1クリックでポイントが入ります。
クリックが励みになっています!
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
にほんブログ村




[PR]
by l_oiseau_bleu | 2017-05-27 23:55 | えとせとら* | Comments(0)

a0200050_23363604.jpg



友だちが生徒さんになった時、
私の場合、
いつも難しいなぁと思うのは
きちんとお金を頂くことです。


「お友だち価格」


教える側は
「友だちだから、
ちょっとおまけしよう」
と思い、


教わる側は、
「友だちなんだから、
もしかしてちょっとくらい
おまけがあるんじゃないだろうか?」
と思う。
それが「お友だち価格」。


私もお友だち価格で
レッスンをしてしまったことがあります。
でもこれは、どこまで(いつまで)、
どの人までが有効なのか…
とても線引きが難しいのです。




a0200050_23365048.jpg



自分の友だち(私)に
材料費以外のデザイン料や
うまく作れるコツを教える指導料を
「支払うこと=レッスンで習うこと」
だと分かってくれていればいいのに…
と思います。
あ、ちょっと嫌な人みたいですね(汗)


「人に何かを教えられる」ということは
その技術を身に付けるために
時間とお金をかけているということ。


私自身も今の私になるまでには
生花のインストラクター資格コース、
花育士、斎藤由美先生のディプロマコースと
カメラのレッスンを受け、
そして現在はフラワーリース講座と
プリザーブドフラワーのレッスンを
受けています。


私の場合、
レッスンや資格コースを受けているのは
「学ぶのが趣味」だからではなく、
身に付けた技術を使って
それを教えたり、作品を作ったりすることを
仕事にしたいと思っているからです。




a0200050_23375239.jpg



これまで、
友だちがレッスンを受けてくれても
あまりうまく続きませんでした。


「今回はお友だち価格だから」とか
無料のイベントの時とか、
プライベートだから材料費だけでOKとか、
そういう時は来てくれても
正規のレッスン料が必要なレッスンに
ほとんどの友だちは来てくれませんでした。


けれど、それでも構わない、
1人でも楽しいと言ってくれたら
それで嬉しい!
と、ずっとずっと思っていました。





a0200050_23384413.jpg



ところが、あるイベントに来てくれた
友人たちを対象に
レッスン料についてのアンケートをとった時、
「2000円~3000円」という答えが多く
驚いたことがありました。
やっぱり安くないといけないの?
判断するところはお金なの?


でも3000円って…


何の花を準備すればよいのでしょう?
内訳は?
例えば花代+器代・資材代などが2000円で、
残りが1000円。
このうち、花を買いに行く時の
ガソリン代、駐車場代、
花を送ってもらった時は送料を差し引いて
残った金額は。。?
自宅でレッスンする時は
簡単なお茶の準備も必要です。
兵庫県の最低賃金は794円(税抜き)ですから
講師(私)の手元に残るのが
それよりも少ない金額であっても
構わないと思っているのだなぁ…
と、そう考えた時、すごく悲しかったです。


そして、そこから
友だちをレッスンに誘うことを
辞めてしまったのです。
やっぱり、
友だちにレッスンに来てもらうのは
難しいことなのだなぁと思って。。


これが、ひとつ前の記事で、
友だちが「習いたい!」と言っても
ナヤマシイと思い、
OKの返事が出来なかった理由です。


でももしかすると、
友だちが生徒さんにならない理由は
お金じゃなくて、
「レッスンが魅力的ではないから」
なのかもしれませんよね…
うーん、
そうなると問題はさらにムズカシイ(汗)





∞1クリック、とても嬉しいです!!∞

↓↓ランキングに参加しています。

バナーを1クリックでポイントが入ります。

クリックが励みになっています!
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
にほんブログ村







[PR]
by l_oiseau_bleu | 2017-05-26 23:46 | えとせとら* | Comments(2)

a0200050_01113808.jpg



「私、お花を習いたい。教えてほしい」


この友人がそう言ってくれました。



まさかそんな言葉を
言ってもらえるとは思っていなかったので
とても嬉しかったです。


「きれいだね」
「すごいね」


作ったものを贈った時、
大抵、こう言われておしまいのことが
多いのですから。


ありがとう!


けれど、いざ教えるとなると、
そんなに簡単にはいきません。
悩ましいですね。





∞1クリック、とても嬉しいです!!∞

↓↓ランキングに参加しています。

バナーを1クリックでポイントが入ります。

クリックが励みになっています!
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
にほんブログ村







[PR]
by l_oiseau_bleu | 2017-05-25 23:45 | えとせとら* | Comments(0)