〈若年性更年期障害を告白した時のこと〉10年前のお話

a0200050_17222534.jpg



イギリスにいた頃、
若年性更年期障害になりました。
今から10年くらい前のことです。


はじめは病名も分からなくて、
うつ病だと思っていました。
日本にいる友達から
「そうだと思うよ」と教えてもらい
そういう病気があるのを
初めて知りました。


「心の風邪」なんていう
優しい名前で呼ばれることもありますが
出来れば、家族以外の人には
話さないでおきたかった。。


それでも、それには限界があって…
日常生活に支障が出ていたので
何人かの方には
話さなければならない状況でした。


その時、勇気を出して話した反応は
この4つ。


・いきなり離れていった方、

・腫れ物に触るようになった方、

・「病気に良い」と思うことを
たくさんたくさん知らせてくれた方、

・今まで通り普通に接してくれた方。


みなさんはどうしますか?
どんな態度をとりますか?


私は今まで通り接してくれるのが
嬉しかったし安心した記憶があります。
それに、その時、
普段どおりにしてくれた人とは
今もつながっています。


でも、今になって思うのです。


態度が変わってしまうのって
おかしいよね、って。
多くの方が更年期障害になる時期に
そうなった人のことを
誰も悪く言ったり、離れて行ったり、
腫れ物に触るようにしたりしないのに。


若年性というだけで、
普通の人より少し早い時期だと
いうだけで、
相手への態度が変わってしまう人とは
早めにつながりが断ち切れて
よかったのかもしれないですね。


当時のことを思い出す出来事があって…
ちょっとした思い出話でした^^




*****************
○募集中のレッスン

・9月生花レッスン→☆★

・9月フラワーリースレッスン→☆★


**************

○ご質問などはこちらから→☆★

**************




∞1クリック、とても嬉しいです!!∞


↓↓ランキングに参加しています。

バナーを1クリックでポイントが入ります。
クリックが励みになっています!
いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
にほんブログ村


[PR]
by l_oiseau_bleu | 2017-08-31 23:19 | えとせとら* | Comments(0)

花のチカラであなたを笑顔にするお手伝い フラワーインストラクターにしのかえこのブログです。 花も人も全てが色とりどりに輝きますように


by l_oiseau_bleu
プロフィールを見る
画像一覧